誰でも簡単に動画を扱う時代

誰でも簡単に動画を扱う時代

動画を自分で簡単に作りやすい時代になりました。

 

昔は動画を作るのは特殊な機械が必要でしたが、最近では携帯電話のカメラ機能の中に動画を取る機能がついていたり、デジカメにも動画機能がついていたりと、それもかなりの高精度の動画を作る事が出来ます。

 

 

また撮った動画を編集するソフトに関しても無料でダウンロードして使えたり、一昔前ならかなりの高額を出さなければ実現出来なかったような事が低コストで行えるようになりました。

 

 

作った動画をネットにアップしたり、家族や友達にメール添付で送ったりと、動画を簡単にやり取り出来る時代でもありますし、誰でもあまりにも簡単に動画を誰にでも見れる形でやり取りできる故に、ネット等に動画をアップして問題が起こる事もあります。

 

扱いには注意しなければならない部分もありますが、昔は思い出作りと言えば静止画である写真が主体でしたが、最近では写真のように動画を思い出作りの一環として扱えるようになりました。

 

 

パソコンの普及もあり動画データを簡単に保存、保管、編集も出来るようになっているので、非常に扱いも便利ですし、再生ソフトも編集ソフトも充実しているので、何かを動画として残しておくのは非常に楽しい時代です。