動画の表現力がさらにアップした最近のデジタル家電

動画の表現力がさらにアップした最近のデジタル家電

私は、最近のデジタル家電が、さらに進歩したことにより、動画をより美しく観ることができるというのは、本当にすごいことだと感動しています。

 

 

たとえば、今話題の4Kテレビというのを、私は家電量販店のディスプレイで観たのですが、その映像がとてもクリアなのと、躍動感あふれる動画は、まるで目の前にそれが実在しているような錯覚を覚えるほどでした。

 

 

今現在普及している液晶テレビやプラズマテレビなどでも十分にそのクオリティーを感じていましたが、4Kテレビはそれを上回るクオリティーなのですから、その進歩には目を見張るものがあります。

 

 

また、同じようにゲーム機のプレイステーション4も、高画質と言われたプレイステーション3より、さらに動画がさらにリアリティーをもって表現されています。プレイステーション4は先にアメリカで発売され、2014年の2月には日本で発売されますが、その動画のクオリティーを考えれば、やはり大ヒットするのではないかという予感が私にはあります。

 

 

正直、もう動画を表現する画質レベルは限界だろうと勝手に私は考えていましたが、まだまだその表現力はアップしているのです。

 

 

ですので、私もこうした動画を観るために、ゆくゆくは4Kテレビやプレイステーション4を購入したいと思っています。